どちらの方が審査に通りやすいか?

MENU

どちらの方が審査に通りやすいか?

銀行も消費者金融も審査の基準はほぼ同じなので、どちらが審査を通過しやすいなどは特にありません。どちらのカードローンも他社での返済・借入状況などを見て問題がなければおおむね審査は通過できます。カードローンの審査は最近ではとても早く、ほとんどの場合は数時間ほどで結果が分かります。その後も問題なく行けば、即日〜翌営業日には借り入れを行うことが可能です。

 

急いでいる場合は、必要になりそうな身分証明書や所得証明書をあらかじめ用意しておくと、スムーズにカードローンを契約することができます。カードローンの利用目的は原則的に自由となっていますが、ギャンブル目的での利用は非常に審査に落ちやすいです。審査の際に担当者からカードローンの利用目的について聞かれることがありますが、そこでキャンブルに使うと答えてしまうと審査が厳しくなります。

 

また、生活費に使うと答えた場合でも、カードローンに頼るほど生活が苦しいという印象を与えるため審査が通りにくくなるというケースもあります。反対に、旅行や冠婚葬祭など一時的な出費となる理由であれば審査にあまり悪影響はありません。このようにカードローンを利用する目的によって、審査の厳しさが異なってくるので注意してください。

 

カードローンの審査で何を重視しているかは各会社によって異なっており、その審査基準は公表されてはいません。しかし、成約率や新規貸付率といった数字を参考にすることによって各社カードローンの審査の通りやすさを調べることは可能です。成約率や新規貸付率というのは、各貸金業者が月次データなどとして発表している数字のことで、この数字が高ければ高いほど審査に通過した人が多いということになります。

 

カードローンが家族にバレてしまいやすいのは、審査や手続きの際に来る郵便物や本人確認の電話です。最近ではインターネットやスマートフォンを使った申し込みなどが増えてきているので、家族に内緒で借りることもそれほど難しくありません。ただし、返済が滞納すると催促状や電話が必ず来るのでそれでバレてしまうケースも多いので気をつけましょう。

 

https://saimuseiri-jibunde.kutibue.com/